不動産査定Q&A前編

MENU

家を売ると税金がかかるの?

不動産を手放す時、家を売るときに売った金額がそのまま手元に入ると思っていませんか?
実際は様々な経費や税金が必要となり、
忘れた頃にまとまった金額の支払いを請求されて困ったという話も聞く事があります。

 

ここでは実際に家を手放した時にかかる税金について考えてみたいと思います。
持ち家を売却した際は分離課税という一般の税金とは違い別に計算をして税金額を決めます。
そして、家が売れた金額によりその計算結果も違いがあります。

 

まずは家を購入した時よりも高く売ることが出来た場合は利益になりますから、
確定申告が必ず必要となります。

 

そして所得税や住民税が発生しますので注意をしましょう。
ただし、この場合は金額や状況などの諸条件により控除が認められる場合があるため、
利益となった金額がそのまま税金に反映されるということではない場合もあります。

 

そして、家を買った時よりも安い金額で手放す場合基本的に税金はかかりません。
逆に所得税の還付が得られる場合があるため、条件を確認して確定申告が必要です。

 

このように不動産の売買を行なった年には、必ず確定申告の準備をして申告を行なうことが必要です。
税金関係で損をするか後日指摘をされて延滞利息などの余計な税金を支払うことにならないよう、気をつけましょう。

 

ちなみに確定申告は2月中旬から1ヵ月間の受付時期があります。
申告方法などは税務署が教えてくれますので、もしも不安な場合は一度相談をしてみると良いでしょう。

不動産査定と家の築年数の関係

不動産の査定を行なう時に家の築年数はどのくらい影響するのか気になりますね。
古ければ査定金額も下がるとは想像できても、実際はどのくらいの金額が下がるのかは分からないものです。

 

不動産査定に実はマニュアルというものが存在します。
その中で家の査定金額の考え方としての内容が書かれており、
築年数と査定価格について述べられています。

 

その内容を見てみると、査定価格はポイントで考えているようなのですが、
なんと建物は築年数が10年を越えてしまうと査定評価額自体がゼロとなってしまうというのです。

 

そして、10年を超えた後はマイナス評価がついてしまい、
20年を経過すると築1年の家と比較して30ポイント以上もマイナス評価となってしまっています。

 

つまり、不動産査定は家が築10年を超えてしまうと、ほぼ土地代だけの査定価格となってしまっているという、
意外にもびっくりとする事実が判明するのです。

 

このように考えると、家を売却しようと思ったら築10年を超えないうちに売った方が良いのではと考える方がほとんどでしょう。

 

確かに、愛着のある家を手放す際に10年を過ぎて価値がないと判断されるよりは10年以内に売却をした方が賢い選択でしょう。

 

そのうちと思ってのんびりしていると、評価額が一気に下がってびっくりするような安い査定金額ということになりかねませんね。
実際、中古物件の需要というものも築10年未満の物件の方が需要も高いそうです。
確実に手放す予定があれば築10年というラインを目安に考えてみましょう。

更地の方が不動産査定は高いのか?

よく不動産査定では土地に建物があるよりも更地の方が高く売れるという話を聞きますが、
実際はどうなのでしょうか。

 

不動産業者からの話を聞いてみても、やはり更地状態の土地の方が人気もあり、
中古の住宅については以前ほどの勢いはなくなってきたとも言われています。
では全てを更地状態で売却した方が良いのかというと、必ずしもそうではないようです。

 

更地の方が高い金額で売却できる可能性が高いケースというのは、
家の築年数が古くそのままでは住めないくらいの状態である場合、また築20年は経っているなどです。

 

先に紹介をしたように築10年を過ぎると建物の評価額はゼロとなります。
築20年を過ぎていれば住宅の構造や事情もかなり変化をしているでしょうから、
そのような状況を総合的に判断し更地の方が有利と言う場合もあります。

 

では更地にしてしまった場合のデメリットは何があるのかというと、やはり税金関係です。
更地にしてしまうと固定資産税が跳ね上がり4倍近くになるケースもあります

 

。また、建物を解体する場合は解体費用が必要となり坪数や構造で金額は変わりますが、
15坪ほどで100万円以内、40坪ほどで200万円台とかなりまとまった金額になります。

 

この解体費用がネックとなってなかなか更地踏み切れない方もいらっしゃるでしょうが、
解体費用は複数の業者に見積もりをしてもらい、安くできる業者を探しましょう。
また、中古住宅付きと更地の2種類で売り出し、ニーズの幅を広げるという方法もあります。